歯列矯正を受ける前に確認すること!過去の治療履歴をたどる

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

知覚過敏を治してから

歯医者

白くてきれいな歯をしていれば、笑ったときの笑顔がきれいになる効果が期待されます。きれいな笑顔を作るために、ホワイトニングの治療を歯科で受ける人も数多いです。東京のクリニックで行なっているホワイトニングは、歯に過酸化水素や過酸化尿素を使用した薬剤を散布して、着色汚れを改善する治療を行なっています。あるいは、薬剤を散布した後に医療用レーザーを歯に照射して汚れを消していく治療法を遂行するところもあります。それらの治療を受ければ、高い確率で白くてよどみのない歯に出来るのは間違いありません。しかし、ホワイトニングは誰でも気軽に出来るものではありません。健全な状態の歯を持っている人なら、問題なく利用できます。しかし、知覚過敏を発症している場合は、ホワイトニングの施術を受けるのを控えたほうがいいでしょう。もし、東京のクリニックでホワイトニングを受けるなら、事前に知覚過敏になっていないかを確認した上で利用しましょう。

東京のクリニックでホワイトニングを受ける前に、知覚過敏にかかっているのかチェックしなければならないのには理由があります。それは、使用する薬剤に関係するからです。上記の文章にあった専用薬剤は、知覚過敏の症状を悪化させてしまいます。薬剤の効果によって歯を覆う薄い皮膜を剥がすので、余計にしみてしまうのです。それでも、東京で治療を受けたいと思ったら、事前に知覚過敏の症状を改善してからにしましょう。