歯列矯正を受ける前に確認すること!過去の治療履歴をたどる

歯医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

抜歯する要因の歯

歯科

歯列を綺麗に整えるために、行なう矯正治療はただ単に専用のブラケットを装着して負荷をかけるだけの治療ではありません。場合によっては、変な位置に生えてしまった歯を抜歯することもあります。なぜなら、専用ブラケットを用いたとしても、変な位置に生えてしまった歯にはブラケットの部品が届かないことがあるからです。無理やりつけようとしてもブラケットが限界を迎えて破損してしまう恐れがあります。その場合、やむを得え抜歯をせざるを得なくなるのです。歯列矯正を受ける場合は、抜歯での治療を施してから専用のブラケットを装着するケースがあるのを頭に入れておいたほうがいいです。歯列矯正を受ける場合、抜歯を施す要因となることは他にも存在します。

口内に侵食範囲が大きい虫歯、歯周病の症状が進んでいる場合も優先的に抜歯をしてから歯列矯正治療を施します。虫歯や歯周病によって弱り切った歯があると、ブラケットによってかけられる負荷に耐え切れないことが考えられます。また、以前に虫歯の根管治療を受けて、内部の神経がなくなっているもの、根っこが短いといった寿命の短めな歯も歯列矯正を受ける前に抜き取る傾向にあります。寿命が短いタイプの歯も早急に抜いておけば、見た目的にも良い歯並びに出来ます。健全に歯列矯正をして、並びの良い歯を手に入れたいというなら、現在の歯の状態を細かくチェックしておくのをおすすめします。また、過去に虫歯や歯周病治療を受けた経歴があるかも確認した方がいいでしょう。

歯医者

知覚過敏を治してから

白い歯を手に入れるためにはホワイトニングの治療を受けるのが最適です。しかし、知覚過敏を発症している場合は控えたほうがいいです。薬剤の効果によってしみる症状を悪化させるので、東京で治療を受ける前に症状を改善しましょう。

白い歯

スポーツで好成績を残す

矯正歯科の治療は、単純に歯並びをただすだけではありません。スポーツ競技者の力を最大限に発揮する手伝いもしてくれます。横浜の専門歯科では競技者用のブラケットを多数用意しています。

歯型

冷たいのもを食べたいなら

知覚過敏は、冷たいものを口にしたらしみる症状が発症してしまいます。そのようなストレスから解放されたいなら、見沼区の歯医者で治療を受けてみませんか。あらゆる治療法で知覚過敏の症状を抑制してくれます。